次世代セキュリティシステム「Inkra 1500」に4ギガの高速モデルを追加(日本電気システム建設) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

次世代セキュリティシステム「Inkra 1500」に4ギガの高速モデルを追加(日本電気システム建設)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気システム建設株式会社は4月28日、米国Inkra Networks社製の「バーチャルサービススイッチInkra 1500」の高速モデルとして、従来のInkra 1500のファイアウォール性能を約2倍上回る1504GXH(4Gbps)、1518TXH(2.4Gbps)と新たに1519TXH (3.6Gbps)の3機種を追加、販売開始すると発表した。「Inkra 1500」は、複数のファイアウォールやIDPを1台の筐体に実装することができるセキュリティシステム。部門やサーバ群などの区画化したネットワークごとにファイアウォール・IDP(侵入検知・防御)を配置することで、外部からだけではなく、内部からの攻撃に対してもセキュリティを強化し、ウイルス感染などの内部の被害拡大を防止することができる。近年のアプリケーションの多様化によるトラフィックの急増で、内部ネットワークの高速化が必須となり、このようなニーズに応えるため、今回高速モデルの追加した。

http://www.nesic.co.jp/news/20040428.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×