IPA、2003年のウイルスによる国内被害額は3,025億円と算出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

IPA、2003年のウイルスによる国内被害額は3,025億円と算出

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
50万円 →【数量限定48,000円!】  <4月30日までの期間限定>
                             ┏━━━━┓
★国内co.jpホスト 約20万件のデータベース★       ┃90% OFF┃
「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」  ┗━━━━┛
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cod02_netsec
───────────────────────────────────


 IPA(情報処理推進機構)は4月27日、国内・海外におけるコンピュータウイルス被害状況調査を発表した。発表によると、2003年のウイルスによる国内被害額は3,025億円で、2002年度の4,400億円より1,375億円も減少した。また、ウイルスに遭遇した企業は全体の70%で、やはり前年の80%より減少している。IPAでは、Blasterの蔓延などで企業の対策が進んだためとしている。


IPA/ISEC:国内・海外におけるコンピュータウイルス被害状況調査
http://www.ipa.go.jp/security/fy15/reports/virus-survey/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×