IPA、2003年のウイルスによる国内被害額は3,025億円と算出 | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

IPA、2003年のウイルスによる国内被害額は3,025億円と算出

──────────────────────────────〔Info〕─ 50万円 →【数量限定48,000円!】  <4月30日までの期間限定>                              ┏━━━━┓ ★国内co.jpホスト 約20万件のデータベー

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕─
50万円 →【数量限定48,000円!】  <4月30日までの期間限定>
                             ┏━━━━┓
★国内co.jpホスト 約20万件のデータベース★       ┃90% OFF┃
「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」  ┗━━━━┛
詳細→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cod02_netsec
───────────────────────────────────


 IPA(情報処理推進機構)は4月27日、国内・海外におけるコンピュータウイルス被害状況調査を発表した。発表によると、2003年のウイルスによる国内被害額は3,025億円で、2002年度の4,400億円より1,375億円も減少した。また、ウイルスに遭遇した企業は全体の70%で、やはり前年の80%より減少している。IPAでは、Blasterの蔓延などで企業の対策が進んだためとしている。


IPA/ISEC:国内・海外におけるコンピュータウイルス被害状況調査
http://www.ipa.go.jp/security/fy15/reports/virus-survey/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×