データセンターの顧客企業向けに不正侵入検知・防御サービスを開始(ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC、ISS) | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

データセンターの顧客企業向けに不正侵入検知・防御サービスを開始(ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC、ISS)

 ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC株式会社とインターネット セキュリティ システム株式会社(ISS)は4月21日、セキュリティサービス提供におけるパートナーシップを締結し、データセンターを利用する企業向けに、共同で不正侵入検知/防御サービスを、5月10日より提供

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC株式会社とインターネット セキュリティ システム株式会社(ISS)は4月21日、セキュリティサービス提供におけるパートナーシップを締結し、データセンターを利用する企業向けに、共同で不正侵入検知/防御サービスを、5月10日より提供開始すると発表した。今回のサービスでは、ケーブル・アンド・ワイヤレスIDCのデータセンター顧客企業向けに、ISSのセキュリティ・アプライアンス製品「Proventia(プロベンティア)A」による「不正侵入検知サービス」と、インライン型のGシリーズと運用・コンサルティングサービスを組み合わせた「不正侵入防御サービス」を提供し、100M〜1Gの広帯域における監視・防御を行う。両サービスは両社共同で運用することで、24時間365日体制で、不正侵入、情報漏洩、ワームなどから企業の情報資産を守ることが可能となった。価格は不正侵入検知サービスが初期費用44万円〜、月額費用39万円〜(1年契約の場合)、不正侵入防御サービスが初期費用48万円〜、月額費用45万円〜(1年契約の場合)。

http://www.cw.com/JP/news_event/media_center/2004/04_21_2004_99.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×