不正侵入防御アプライアンス・サーバ「AntiHacker-Proシリーズ」を発売(東芝ソリューション) | ScanNetSecurity
2021.09.16(木)

不正侵入防御アプライアンス・サーバ「AntiHacker-Proシリーズ」を発売(東芝ソリューション)

 東芝ソリューション株式会社は4月21日、不正侵入防御アプライアンス・サーバ「AntiHacker-Proシリーズ」を販売開始すると発表した。同製品は、業界初のL7(レイヤ7)パラメトリック分析方式による未知攻撃検知機能を搭載したアプライアンス・サーバ。実際のサイトにお

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 東芝ソリューション株式会社は4月21日、不正侵入防御アプライアンス・サーバ「AntiHacker-Proシリーズ」を販売開始すると発表した。同製品は、業界初のL7(レイヤ7)パラメトリック分析方式による未知攻撃検知機能を搭載したアプライアンス・サーバ。実際のサイトにおけるWebサーバへの通信をネットワークのアプリケーション層(L7)で常に学習しながら統計処理し、正常な通信とは異なる振る舞いをする通信を攻撃として検知することができる。「AntiHacker-Pro 300」ではギガビットイーサネットに対応しており、スループット300Mbpsの高速処理を実現している。同製品の価格は1,365,000円〜。

http://www3.toshiba.co.jp/ccc/news/detail/040421.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×