マネージドPKIサービスの機能を強化(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

マネージドPKIサービスの機能を強化(日本ベリサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ベリサイン株式会社は4月20日、企業向け認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」の機能を強化した新バージョンを、5月5日より提供開始すると発表した。同サービスは、イントラネットやWebアプリケーションなどに電子証明書を発行する認証局構築のアウトソーシングサービス。今回のバージョンアップによって、UTF-8エンコーディングを用い、クライアント証明書への日本語表記が可能となった。このUTF-8サポートにより、ASCII文字以外の言語(日本語、中国語、ヨーロッパ言語など)を使用した電子証明書の発行が可能となった。また、対応プラットフォームを拡充し、Internet Explorer 6.0、Netscape 7.0、Windows XP、Windows 2003 Server、Solaris 9.0のサポートを追加したほか、2048bitまでの鍵長に対応し、よりセキュリティ強度の高い暗号化を実現している。

http://www.verisign.co.jp/press/2004/pr_20040420.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×