マネージドPKIサービスの機能を強化(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

マネージドPKIサービスの機能を強化(日本ベリサイン)

 日本ベリサイン株式会社は4月20日、企業向け認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」の機能を強化した新バージョンを、5月5日より提供開始すると発表した。同サービスは、イントラネットやWebアプリケーションなどに電子証明書を発行する認証局構築の

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ベリサイン株式会社は4月20日、企業向け認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」の機能を強化した新バージョンを、5月5日より提供開始すると発表した。同サービスは、イントラネットやWebアプリケーションなどに電子証明書を発行する認証局構築のアウトソーシングサービス。今回のバージョンアップによって、UTF-8エンコーディングを用い、クライアント証明書への日本語表記が可能となった。このUTF-8サポートにより、ASCII文字以外の言語(日本語、中国語、ヨーロッパ言語など)を使用した電子証明書の発行が可能となった。また、対応プラットフォームを拡充し、Internet Explorer 6.0、Netscape 7.0、Windows XP、Windows 2003 Server、Solaris 9.0のサポートを追加したほか、2048bitまでの鍵長に対応し、よりセキュリティ強度の高い暗号化を実現している。

http://www.verisign.co.jp/press/2004/pr_20040420.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×