DRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」を提供(日本マルチネット) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

DRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」を提供(日本マルチネット)

 株式会社日本マルチネットは、NTTコミュニケーションズとの協業により、個人認証機能つきDRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」の提供を5月下旬より開始する。新サービスは、情報漏洩を強固に防ぐDRM・情報セキュリティシステムのASPサー

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社日本マルチネットは、NTTコミュニケーションズとの協業により、個人認証機能つきDRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」の提供を5月下旬より開始する。新サービスは、情報漏洩を強固に防ぐDRM・情報セキュリティシステムのASPサービス「LeakBLOCK(リークブロック)」に、ICカードによるハイセキュア認証・決済サービス「SAFETYPASSビジネス」を組み合わせたもの。両者を組み合わせることにより、ユーザはより強固なネットワークセキュリティをより便利に利用することが可能となる。

http://www.securityway.jp/spb_pressrelease.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×