DRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」を提供(日本マルチネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

DRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」を提供(日本マルチネット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日本マルチネットは、NTTコミュニケーションズとの協業により、個人認証機能つきDRM・情報セキュリティシステムサービス「LeakBLOCK for SAFETYPASS」の提供を5月下旬より開始する。新サービスは、情報漏洩を強固に防ぐDRM・情報セキュリティシステムのASPサービス「LeakBLOCK(リークブロック)」に、ICカードによるハイセキュア認証・決済サービス「SAFETYPASSビジネス」を組み合わせたもの。両者を組み合わせることにより、ユーザはより強固なネットワークセキュリティをより便利に利用することが可能となる。

http://www.securityway.jp/spb_pressrelease.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×