「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」を期間限定90%オフの特価で販売(NS総研) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」を期間限定90%オフの特価で販売(NS総研)

 ネットアンドセキュリティ総研株式会社は、国内co.jpドメイン約20万件の網羅的なデータベース「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」を、期間・数量限定の特別価格48,000円にて提供開始すると発表した。このデータベースは、日本国内の企業約20万件の

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ネットアンドセキュリティ総研株式会社は、国内co.jpドメイン約20万件の網羅的なデータベース「co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期」を、期間・数量限定の特別価格48,000円にて提供開始すると発表した。このデータベースは、日本国内の企業約20万件のドメインについて、公開されている情報を網羅的に調査し、データベース化したもの。調査時点は2003年4月下旬。データベースの種類は5つ(OS,WWW,pop,smtp,ordb)あり、ドメイン、IPアドレス、OS、WEBサーバ、POPサーバ、SMTPサーバ、不正中継データベース登録状況などが含まれている。また、ドメイン(ホスト名)だけでなく、ドメイン保有者、IP保有者およびレンタルサーバあるいはホスティングを利用している場合の事業者と推定される企業名も含んでいる。今回は、10本の数量限定で、従来価格525,000円(税込)のところ10分の1の特別価格48,000円(税込)にて提供する。期間は4月30日まで。

http://ns-research.jp/c2/shop/others/p-cod02.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×