A.D.200X、ACCS個人情報漏洩問題について謝罪を発表(A.D.200X) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

A.D.200X、ACCS個人情報漏洩問題について謝罪を発表(A.D.200X)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 A.D.200X実行委員会は4月12日、A.D.2003会場におけるACCS個人情報漏洩問題について、個人情報拡散の契機を作ってしまうこととなり、事後対応にも至らぬ点が多々あったとし、該当被害者への謝罪を発表した。同問題は、2003年11月8日に東京都内で開催されたコンピュータ・セキュリティ・カンファレンス「A.D.2003」にて、国立大学研究員により、(社)コンピュータ・ソフトウェア著作権協会(ACCS)に寄せられた個人情報の一部が発表資料の中で公開されてしまったというもの。今後A.D.200Xでは、さらなる個人情報の拡散を防止すべく、無期限で該当資料の漏洩監視を継続し、また、該当被害者に対し何らかの形で謝罪の機会を得るべく努めるとしている。

http://www.ad200x.net/20040412.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×