航空管制システム障害、原因はソフトのバグと判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

航空管制システム障害、原因はソフトのバグと判明

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
━┓━┓━┓━┓━┓━┓━┓━┓━┓━┓━┓ ≫≫≫123種のコード集≫≫
E┃x┃p┃l┃o┃i┃t┃C┃o┃d┃e┃−test your system−/ ̄ ̄
___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  イスラエルSecuriTeam社が公開したシステムテスト用スクリプトを収録!
詳細 → https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?o-exp01_netsec
───────────────────────────────────


 国土交通省航空局は、4月8日に発生した航空管制システム障害の詳しい経緯が判明したと発表した。発表によると、RDP(航空路レーダー情報処理システム)の飛行計画情報に何らかの原因により不正なデータが付加されていたためだという。同局は不正なデータが付加された理由について引き続き原因究明を行うとともに、フェイルセーフ対策を進めていくという。


国土交通省航空局:航空管制に係るシステム障害のお詫び
http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/01.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×