米国商務省主催のフォーラムでRFID政策の問題について講演(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

米国商務省主催のフォーラムでRFID政策の問題について講演(米RSA Security)

 米RSA Securityは3月31日、同社の主席研究員アリ・ジュールズ氏が、米国商務省の主催する無線センサー技術フォーラムのパネリストに選出されたと発表した。このフォーラムは、産業界と官公庁によるセンサー技術の利用方法と、この技術による公共政策への影響について検

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは3月31日、同社の主席研究員アリ・ジュールズ氏が、米国商務省の主催する無線センサー技術フォーラムのパネリストに選出されたと発表した。このフォーラムは、産業界と官公庁によるセンサー技術の利用方法と、この技術による公共政策への影響について検討するもの。ジュールズ氏は、さまざまなデータ・セキュリティ・プロジェクトの監督や、RFIDのセキュリティとポリシーについて幅広い調査研究を行っている。このフォーラムにおいてジュールス氏は、商務省の政府高官が司会する「センサー技術に関する政策上の問題」というパネル討論の一員を務め、RFID政策の問題について講演した。RSA Securityでは、RFIDに起因するセキュリティとプライバシーの問題を解決する技術をすでに開発している。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200403312.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×