無線LANのデータフレームフィルタリング技術で米国特許を取得(米Network Associates) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

無線LANのデータフレームフィルタリング技術で米国特許を取得(米Network Associates)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Network Associates社は、無線LANのデータフレームフィルタリング技術について米国特許を取得したと発表した。米国特許6,693,888として登録された同特許は「Method and Apparatus for Filtering that Specifies the Types of Frames to be Captured and to be Displayed for an IEEE 802.11Wireless LAN(IEEE 802.11ワイヤレスLANにおいて、収集および表示するフレームの種類を指定するフィルタリングの手法と機器)」と題されたもの。同特許には、無線LANの局間で送信されるデータフレームを収集してフィルタにかけるためのさまざまな製品、システム、手法が網羅されており、この新技術を利用することで、ユーザは定義した基準に基づいてデータをフィルタにかけ、ネットワークの監視を強化できるとしている。

http://www.nai.com/japan/about/prelease/pr_04a.asp?pr=04/04/05-2

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×