ビック東海がウイルス対策技術「SAV Interface」を採用(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

ビック東海がウイルス対策技術「SAV Interface」を採用(ソフォス)

 ソフォス株式会社は、同社のウイルス対策技術「SAV Interface」がビック東海のSOHO事業者向け新ASPサービス「OneOffice」に採用されたことを発表した。「OneOffice」は、メール、共有ディスク、ホームページスペースなどの機能を持ったホスティングサービス。メールや

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 ソフォス株式会社は、同社のウイルス対策技術「SAV Interface」がビック東海のSOHO事業者向け新ASPサービス「OneOffice」に採用されたことを発表した。「OneOffice」は、メール、共有ディスク、ホームページスペースなどの機能を持ったホスティングサービス。メールやファイルのアップロード時にウイルス検索・駆除機能を導入することで、利用者をウイルス感染の脅威から保護する。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20040331victokai.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×