3月のウイルス被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

3月のウイルス被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は4月2日、日本国内における2004年3月度のウイルス被害マンスリーレポートを発表した。3月の1位は「WORM_NETSKY」で被害報告件数1652件(亜種を含めた数)、2位は「JAVA_BYTEVER.A」で149件、3位は「WORM_AGOBOT」で113件。全体の被害報告数は

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は4月2日、日本国内における2004年3月度のウイルス被害マンスリーレポートを発表した。3月の1位は「WORM_NETSKY」で被害報告件数1652件(亜種を含めた数)、2位は「JAVA_BYTEVER.A」で149件、3位は「WORM_AGOBOT」で113件。全体の被害報告数は5890件と先月の3665件から大幅に増加した。これは1位となった「WORM_NETSKY」の流行によるもの。3月に入って、BAGLE、MYDOOM、NETSKYのウイルス作者が亜種を作成する競争に発展し、NETSKYは3月だけで10種以上の亜種が登場した。NETSKYは一般的なマスメール型ワームだが、このように同じような系統の亜種が連続して発生するとユーザは混乱し、流行につながりやすくなるという。

http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2004/mvr0403.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×