3月の月間インターネットセキュリティレポートを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

3月の月間インターネットセキュリティレポートを発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは4月7日、2004年3月度の「ウイルス報告件数ランキング」および「脆弱性ランキング」を発表した。日本国内におけるウイルス被害報告数1位は「 W32.Netsky.D@mm 」で報告件数842件、2位は「 W32.Netsky.Q@mm 」で303件、3位は「 W32.Bugbear.B@mm

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは4月7日、2004年3月度の「ウイルス報告件数ランキング」および「脆弱性ランキング」を発表した。日本国内におけるウイルス被害報告数1位は「W32.Netsky.D@mm」で報告件数842件、2位は「W32.Netsky.Q@mm」で303件、3位は「W32.Bugbear.B@mm」で189件。「W32.Netsky.D@mm」は全世界で見ても24,464件で1位となっている。3月は大量メール送信型ワームNetskyおよびBeagleの亜種が数多く報告された。これらのワームは添付ファイルを開いてはじめて感染するタイプのワームだが、エラーメールをほとんど出すことなく確実にメール送信機能をもっているため、以前よりも感染が拡大する一因になっているとのこと。これらとは異なり、最近出現したNetskyの亜種「W32.Netsky.Q@mm」は2001年のセキュリティホールを利用したもので、メール本文を表示しただけで感染してしまうものであった。また、ランキングには入っていないものの、ファイル共有ソフトWinnyを経由する「Antinny」というワームが日本でのみ被害を広げている。
 「脆弱性ランキング」では、「Internet Security Systems Protocol Analysis Module ICQ Parsing Buffer Overflow Vulnerability」が1位となっている。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/presscenter/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×