山之内製薬が全社レベルでの電子証明書を利用したセキュリティ環境を構築(日本ベリサイン、日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

山之内製薬が全社レベルでの電子証明書を利用したセキュリティ環境を構築(日本ベリサイン、日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ベリサイン株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社は4月1日、山之内製薬株式会社が日本ベリサインのマネージドPKIサービス「VeriSign OnSite」を採用し、電子証明書を利用した、全社レベルでのWindowsベースのセキュリティ環境構築を実現したと発表した。今回の導入により山之内製薬は、社内のさまざまなアプリケーションのセキュリティレベル向上のために複数の認証局を構築した。また、新環境において、IBMのB5コンパクトモバイルPC「ThinkPad X40」に内蔵されたセキュリティチップを活用している。これにより、発行された電子証明書は、ThinkPad X40に搭載されたセキュリティチップにも転送・格納され、認証情報を保護することができる。同ソリューションを全社規模で実現することは世界初の試みとのこと。今回のシステムの構築は日本ベリサイン、日本IBMのほか、マイクロソフト株式会社、株式会社シー・エー・シーと共同で行われ、それぞれ認証局の構築・運用、セキュリティチップの実装、コンサルティングサービスを提供した。

http://www-6.ibm.com/jp/NewsDB.nsf/2004/04014
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×