Linux用ゲートウェイアンチウイルスの機能強化版をリリース(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

Linux用ゲートウェイアンチウイルスの機能強化版をリリース(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は3月30日、ウイルス検知精度と、対応速度を強化したゲートウェイアンチウイルス製品「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ Ver2.00」をリリースしたと発表した。  今回のバージョンアップではウイルス検査エンジンをLibra、AVP、Ori

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は3月30日、ウイルス検知精度と、対応速度を強化したゲートウェイアンチウイルス製品「F-SecureアンチウィルスLinuxゲートウェイ Ver2.00」をリリースしたと発表した。
 今回のバージョンアップではウイルス検査エンジンをLibra、AVP、Orionの3つにすることにより、その心臓部とも言える機能を増強している。これにより、多種多様な脅威に対して迅速に対応可能になっている。その他、HTTPによる定義ファイルの更新、ログ機能の向上、HTMLメールのActiveX/スクリプト/暗号化ファイルのブロック、RBLによるSPAM検査などが今回のバージョンアップで改良されている。販売価格は117,000円(25ユーザ)〜。

http://www.f-secure.co.jp/news/200403301/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×