全銀システムのセンタ業務においてBS7799とISMS認証を同時取得(NTTデータ) | ScanNetSecurity
2021.10.23(土)

全銀システムのセンタ業務においてBS7799とISMS認証を同時取得(NTTデータ)

 株式会社NTTデータは、第5次全国銀行データ通信システム(全銀システム)におけるセンタ業務において、情報セキュリティマネジメントシステムの国際標準規格である「BS7799-2:2002」と国内規格である「ISMS認証基準 Ver2.0」を同時取得したと発表した。全銀システムは

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社NTTデータは、第5次全国銀行データ通信システム(全銀システム)におけるセンタ業務において、情報セキュリティマネジメントシステムの国際標準規格である「BS7799-2:2002」と国内規格である「ISMS認証基準 Ver2.0」を同時取得したと発表した。全銀システムは、金融機関相互間の内国為替取引をオンライン処理するために作られたもので、1日平均の取扱件数が510万件、取扱金額が8兆9千億円にものぼる巨大金融システム。社団法人東京銀行協会が設置した内国為替運営機構が運営し、NTTデータが開発・保守を行っている。

http://www.nttdata.co.jp/release/2004/032900.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×