RSA ClearTrust連携アイデンティティ管理モジュールを発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

RSA ClearTrust連携アイデンティティ管理モジュールを発表(米RSA Security)

 米RSA Securityは、先日開催されたRSA Conference 2004にて、RSA ClearTrust連携アイデンティティ管理モジュールを展示した。このモジュールは、認証、属性、および許可情報を交換するためのXMLフレームワーク「SAML 1.1 OASIS標準」をサポートしたもの。SAML 1.1仕様

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは、先日開催されたRSA Conference 2004にて、RSA ClearTrust連携アイデンティティ管理モジュールを展示した。このモジュールは、認証、属性、および許可情報を交換するためのXMLフレームワーク「SAML 1.1 OASIS標準」をサポートしたもの。SAML 1.1仕様のサポートにより、SAMLをサポートする他のアプリケーションやプラットフォームにもシングル・サインオン機能が広がり、ビジネス・プロセスの簡素化、ユーザ生産性の向上などの機会がさらに拡大する。また、同ソリューションはSAML 1.1をサポートしていないものも含めたサードパーティのアクセス管理製品に統合できるため、企業は現行バージョンのSAML OASIS標準でも重要な機能を利用できる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200402253.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×