消費者のプライバシーを保護する「RSA Blocker Tag」を発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

消費者のプライバシーを保護する「RSA Blocker Tag」を発表(米RSA Security)

 米RSA Securityは2月24日、消費者のプライバシーを保護するRFIDタグ「RSA Blocker Tag」を発表した。「RSA Blocker Tag」は、個人や物品がICタグ・リーダーによる無用なスキャンや追跡行為に晒されるのを阻止する特殊なRFID(Radio-Frequency Identification)タグ。通

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Securityは2月24日、消費者のプライバシーを保護するRFIDタグ「RSA Blocker Tag」を発表した。「RSA Blocker Tag」は、個人や物品がICタグ・リーダーによる無用なスキャンや追跡行為に晒されるのを阻止する特殊なRFID(Radio-Frequency Identification)タグ。通常のRFIDの機能を妨害することなく、消費者と企業の双方がRFID技術を活用することができ、現在特許出願中。「RSA Blocker Tag」は現在開発中だが、将来の完成版では正当な権限なくタグをスキャンしようと試みるRFIDリーダーに対して膨大な数のタグのシリアル番号(ID)をシミュレートすることで、リーダーが正常に機能できない環境を作り出す、という機能が実装される予定とのこと。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200402243.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×