日本語でのマイクロソフト製品セキュリティホール情報の受付を開始(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

日本語でのマイクロソフト製品セキュリティホール情報の受付を開始(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は2月25日、日本語でセキュリティホール情報の受け付ける「脆弱性報告窓口」を開設したと発表した。この窓口は、マイクロソフト製品に関連するセキュリティ脆弱性の報告を目的としたもの。以前までは英語による報告しか受け付けていなかったが、今回の新設窓口では、脆弱性の可能性があると思われる情報を直接日本語で報告することができる。報告された情報は、マイクロソフト米国本社内の専門組織との連携により調査が行われる。

http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/bulletin/alertus.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×