「OMA DRM 2.0」をサポートし、コンテンツセキュリティを保護(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

「OMA DRM 2.0」をサポートし、コンテンツセキュリティを保護(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは2月4日、「OMA(Open Mobile Alliance)DRM Version 2.0」をサポートし、セキュアなコンテンツ配信を支援すると発表した。OMAは、相互操作性を備えたモバイルサービス・イネーブラーの世界共通仕様を設定する業界組織。今回RSA SecurityはOMAとともに「OMA DRM 2.0」の拡張セキュリティを共同作成し、音楽やビデオクリップ、ゲームなどの高額コンテンツの無許可使用およびコピーからの保護を可能にした。これにより、コンテンツ所有者は新規モバイル配信チャネルを有効に利用しながら、その権利を保護することができる。RSA Securityでは、「OMA DRM 2.0」と互換性を持つソリューションを2004年後期に発表する予定。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200402041.html

<本記事はセキュリティ・ニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×