1月の月間インターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2020.09.21(月)

1月の月間インターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは2月16日、国内および全世界における2004年1月度の「ウイルス被害ランキング」および「脆弱性ランキング」を発表した。国内における1月の1位は「 W32.Bugbear.B@mm 」で被害件数190件、続く2位は新種ウイルス「 W32.Mydoom.A@mm 」で184件、3位は

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは2月16日、国内および全世界における2004年1月度の「ウイルス被害ランキング」および「脆弱性ランキング」を発表した。国内における1月の1位は「W32.Bugbear.B@mm」で被害件数190件、続く2位は新種ウイルス「W32.Mydoom.A@mm」で184件、3位は「HTML.Redlof.A」で182件。全世界では「W32.Mydoom.A@mm」が13920件で1位となり、2位「W32.Bugbear.B@mm」の8384件に大きく差を付けた。1月は、Mydoomと「W32.Beagle.A@mm(ビーグル)」が猛威を振るったとのこと。Beagleは国内では被害件数29件で10位にランクインしている。Mydoomは特に海外での影響がすさまじく、感染メールが1日で数千通届いた企業もあったという。Mydoomは従来型のマスメーリング型ワーム。今月の結果に対しシマンテックでは、Blasterのようにユーザの関与なく増殖するワームが注目されるなか、従来型ワームでもソーシャルエンジニアリングをたくみに利用することで大きな被害をもたらす可能性があるため、「添付ファイルを不用意に開いてはいけない」という原則を意識するよう注意を促している。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year04/040216.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×