1月の月間インターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

1月の月間インターネット・セキュリティレポートを発表(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社シマンテックは2月16日、国内および全世界における2004年1月度の「ウイルス被害ランキング」および「脆弱性ランキング」を発表した。国内における1月の1位は「W32.Bugbear.B@mm」で被害件数190件、続く2位は新種ウイルス「W32.Mydoom.A@mm」で184件、3位は「HTML.Redlof.A」で182件。全世界では「W32.Mydoom.A@mm」が13920件で1位となり、2位「W32.Bugbear.B@mm」の8384件に大きく差を付けた。1月は、Mydoomと「W32.Beagle.A@mm(ビーグル)」が猛威を振るったとのこと。Beagleは国内では被害件数29件で10位にランクインしている。Mydoomは特に海外での影響がすさまじく、感染メールが1日で数千通届いた企業もあったという。Mydoomは従来型のマスメーリング型ワーム。今月の結果に対しシマンテックでは、Blasterのようにユーザの関与なく増殖するワームが注目されるなか、従来型ワームでもソーシャルエンジニアリングをたくみに利用することで大きな被害をもたらす可能性があるため、「添付ファイルを不用意に開いてはいけない」という原則を意識するよう注意を促している。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year04/040216.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×