セキュリティ分野で提携、ISシリーズとTripwire for Serversを連携(横河電機、ワイ・ディ・シー、E3ネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

セキュリティ分野で提携、ISシリーズとTripwire for Serversを連携(横河電機、ワイ・ディ・シー、E3ネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 横河電機株式会社、株式会社ワイ・ディ・シー、E3ネットワークス株式会社の3社は2月12日、ネットワーク・セキュリティ分野で提携し、共同マーケティングおよび技術協力を推進していくと発表した。今回の提携により、ワイ・ディ・シーがシステムインテグレータとして、横河電機の不正侵入検知アプライアンス「ISシリーズ」とE3ネットワークスが提供するWeb改ざん検知・復旧ツール「Tripwire for Servers 4.0日本語版」を連携した統合ソリューションを提供する。ISシリーズで検知した "侵入の事実" と "改ざんの可能性" を基に、「Tripwire for Servers」で即座に改ざんの修復をすることができ、管理コストの削減を実現する。この連携ソリューションはワイ・ディ・シーを通じて販売される。価格は300万円〜。

http://www.yokogawa.co.jp/News/press/0402/040212j.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×