ウイルス対策の必要性は7割が理解、しかし効果的な活用は3割にとどまる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

ウイルス対策の必要性は7割が理解、しかし効果的な活用は3割にとどまる

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
    "盗聴対策"    ◆ SANS/FBI推奨ソフトウェア「PromiScan」の◆
      &      ◆  日本語版とセミナーとのセット販売  ◆
   "情報漏洩対策"   ├────────────────────┤
             │企業ネットワークセキュリティ対策セミナー│
 この対策は→ http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?ssa008_netsec
───────────────────────────────────


 NECインターチャネルは2月4日、パソコンのウイルス対策に関する意識調査の調査結果を発表した。この調査は2004年1月に、自宅にパソコンを所有する20歳代以上の男女を対象に行われたもの。調査結果によると、ウイルス対策の必要性を感じ、何らかの対策を行っている割合は74.6%と高い数値となった。しかし、定義ファイルの更新を週1回以上行っているユーザは全体の3割と、ウイルス対策ソフトのインストールのみで安心してしまっているユーザが多かった。


NECインターチャネル:パソコンのウイルス対策に関する意識調査
http://www.neic.co.jp/other/pdf/040205.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×