ハードディスク暗号化ソフト新バージョン「SafeBoot 4.2SP1」を発表(マクニカ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

ハードディスク暗号化ソフト新バージョン「SafeBoot 4.2SP1」を発表(マクニカ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社マクニカは2月2日、コントロールブレイク社(オランダ)のハードディスク暗号化ソフトウェアSafeBootの最新バージョン「SafeBoot 4.2SP1」を同日より販売開始すると発表した。SafeBootは、PCの盗難や紛失から情報漏洩を防ぐためのハードディスク暗号化ソフトウェア。PCのハードディスクに保存されるデータをOS領域を含めて丸ごと暗号化する。新バージョン「SafeBoot 4.2SP1」では、新機能として、アプリケーションコントロール機能が追加された。この機能により不正なアプリケーションや業務に必要のないアプリケーションの使用を制限し、管理者が許可したアプリケーションだけをユーザに使用させることができる。価格は、SafeBoot Enterprise Edition(20ライセンス)600,000円〜、SafeBoot Professional Edition(20ライセンス)500,000円〜。

http://www.macnica.co.jp/press/2004/0202.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×