ATOK for Windowsに外部からPCを操作される脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

ATOK for Windowsに外部からPCを操作される脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
W┃E┃B┃制┃作┃費┃用┃の┃相┃場┃っ┃て┃業界の基礎知識と
━┛━┛━┛━┛━┛知┃っ┃て┃ま┃す┃か┃?┃現場で必要な実践的知識
          ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛を紹介!!
<実践的WEB制作ビジネス基礎 現場で必要な営業方法や値ごろ感がわかる!>
 詳細: https://shop.ns-research.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?wsb01_netsec
───────────────────────────────────


 ジャストシステムは2月3日、同社の日本語入力プログラム「ATOK」においてユーザのPCを外部から操作される脆弱性が発見されたとしてアップデータを公開した。脆弱性が発見されたのは「ATOK for Windows」のバージョン15および16で、特定の条件で外部から不正なプログラムを実行される可能性がある。この脆弱性はパッチをインストールすることで回避される。また、ATOK for Windows 17および14以前には、この脆弱性が存在しない。


ジャストシステム ダウンロード
http://www3.justsystem.co.jp/download/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×