ウイルス対策未完了のPCを強制的に専用ネットワークに接続するシステムを開発(NEC、NECソフト) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

ウイルス対策未完了のPCを強制的に専用ネットワークに接続するシステムを開発(NEC、NECソフト)

 日本電気株式会社(NEC)およびNECソフト株式会社は1月29日、セキュリティ対策が未完了のPCをウイルス対策専用のネットワークに強制的に接続する「検疫システムソリューション」を製品化し、2月4日より出荷開始すると発表した。同製品は、NECの認証VLAN運用管理ソフト

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本電気株式会社(NEC)およびNECソフト株式会社は1月29日、セキュリティ対策が未完了のPCをウイルス対策専用のネットワークに強制的に接続する「検疫システムソリューション」を製品化し、2月4日より出荷開始すると発表した。同製品は、NECの認証VLAN運用管理ソフト「WebSAM VLANAccess」、IPアドレス管理ソフト「WebSAM VitalQIP」、不正接続検知ソフト「WebSAM SecureVisor」、サイバーアタック対策システム「CapsSuite」などを組み合わせて提供するもの。社内ネットワークに接続されたPCの中で、最新のパッチを適用していないなどウイルスに感染する可能性の高い、またはすでに感染しているPCを社内ネットワークから切り離すとともに、PCをウイルス対策専用のネットワーク「検疫ネットワーク」に強制的に接続することを可能にする。同製品の価格は500万円〜。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0401/2904.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×