史上最悪のメールワーム「Mydoom」が感染拡大(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

史上最悪のメールワーム「Mydoom」が感染拡大(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本エフ・セキュア株式会社は1月29日、メールワーム「Mydoom」が昨年大規模に流行した「Sobig.F」を越え、史上最悪のメールワームとなったと発表した。「Mydoom」は1月26日に発見されたメールワームで、すでに「Sobig.F」以上に感染が拡大している。同ワーム流行の原因は、(1)送信メールをシステムエラーメッセージのように見せかけてクリックを促す「ソーシャル・エンジニアリング」、(2)大多数のウイルスと異なり米国のビジネス時間帯に発見されたため、いくつかの大企業が即座に感染したこと、(3)ユーザのアドレス帳からだけでなく、共有ユーザ名から新たなアドレスを生成する「メールアドレスの収集能力」にあるとしている。
 「Mydoom」に感染した場合、感染コンピュータの使用にあたって即座に影響を受けることはないが、感染コンピュータは、UnixベンダであるSCO社のWebサイト「WWW.SCO.COM」に対して、2月1日16:09:18(ヨーロッパ標準時)にDDoS攻撃を開始するようプログラムされている。現在、全世界のメールトラフィック中20〜30%は「Mydoom」によるものと考えられてる。F-Secureでは、ISPに対して感染メールを中継しないよう推奨している。

http://www.f-secure.co.jp/news/200401291/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×