IBM eServerとSUSE LINUXの組み合わせでCAPP/EAL3+認定を取得(米Novell) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

IBM eServerとSUSE LINUXの組み合わせでCAPP/EAL3+認定を取得(米Novell)

 米Novell社は、米IBMとノベルのSUSE LINUXビジネス部門が、SUSE LINUXのセキュリティおよびオペレーションに関する新たな認定を取得したと発表した。取得したのは、IBM eServer上で動作するSUSE LINUX Enterprise Server 8(Service Pack 3)についてで、情報セキュリ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米Novell社は、米IBMとノベルのSUSE LINUXビジネス部門が、SUSE LINUXのセキュリティおよびオペレーションに関する新たな認定を取得したと発表した。取得したのは、IBM eServer上で動作するSUSE LINUX Enterprise Server 8(Service Pack 3)についてで、情報セキュリティの評価基準であるThe Common Criteria for InformationSecurity Evaluation(CC)の認定を取得し、CAPP/EAL3+と一般に呼ばれている制御アクセス保護プロファイル(ControlledAccess Protection Profile)への準拠を達成した。特に今回はiSeries、pSeries、zSeries、さらにAMD Opteronを採用したシステムを含む、eServer製品ラインのすべてを対象にCAPP/EAL3+認定を取得しているのが特長。また、IBMxSeriesおよびzSeriesとSUSE LINUX EnterpriseServer 8との組み合わせでは、COE(Common Operating Environment)への準拠も達成した。COEは米国国防総省によって作成された仕様で、指揮制御系統で使われる商用IT製品に関する機能や相互接続性の要件が定められているもの。

http://www.novell.co.jp/pressrel/20040123_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×