ネット詐欺容疑の男性をヤフーオークションでの海賊版販売でも送検(コンピュータソフトウェア著作権協会) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

ネット詐欺容疑の男性をヤフーオークションでの海賊版販売でも送検(コンピュータソフトウェア著作権協会)

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、茨城県警生活環境課と笠間署が1月21日、ヤフーオークションを利用してコンピュータソフトを無断で複製販売していた東京都江戸川区のフリーター男性(29歳)を、著作権法違反の疑いで水戸地検に追送検したと発表した。こ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、茨城県警生活環境課と笠間署が1月21日、ヤフーオークションを利用してコンピュータソフトを無断で複製販売していた東京都江戸川区のフリーター男性(29歳)を、著作権法違反の疑いで水戸地検に追送検したと発表した。この男性は、インターネットオークションを利用した詐欺容疑で平成15年6月に逮捕されているため、今回は追送検となった。容疑内容によると、同男性は、平成15年2月中旬ごろから同年5月下旬ごろまでの間、前後6回にわたり、オートデスク インクの「Auto CAD LT 2002」などの建築用製図プログラムをCD-R合計6枚に複製し、茨城県水海道市在住の男性など5人に対して郵送で販売していた。また同社を含む13社の65種類の海賊版ソフトを、2,500〜5,500円の低価格でのべ約2,300回にわたって販売し、約700万円の売り上げを得ていた。これに対し、ACCS会員では、オートデスク インクほか、アドビ システムズが男性を告訴する予定。

http://www.accsjp.or.jp/news/040121.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×