NET&COM 2004にベンダ各社が出展 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

NET&COM 2004にベンダ各社が出展

 IT業界の最先端技術やサービスを一堂に介した日経BP社主催の総合イベント「NET&COM 2004」が、2月4日(水)〜6日(金)、幕張メッセにて開催される。今回のテーマは「変革への扉を押し開く、新技術と新サービスがここに集結」。システム構築/運用、ネットワーク、セキ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 IT業界の最先端技術やサービスを一堂に介した日経BP社主催の総合イベント「NET&COM 2004」が、2月4日(水)〜6日(金)、幕張メッセにて開催される。今回のテーマは「変革への扉を押し開く、新技術と新サービスがここに集結」。システム構築/運用、ネットワーク、セキュリティ、Webソリューション、CT/CRMの4つのゾーンに分かれ、ベンダ各社による製品・サービスの展示、デモンストレーションなどが行われる。イベントの詳細は下記の通り。

日時:2004年2月4日(水)〜6日(金)10:30〜17:30
会場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
参加費:無料(事前登録制)
申込み:Webフォームより
http://expo.nikkeibp.co.jp/netcom/index.shtml

>> 各社の出展内容

◇株式会社シマンテック
 出展ブース:No.6330
 内容:OSの脆弱性を狙うBlasterワームをはじめとする「複合型の脅威」から、企業の重要な資産、ネットワークを守るためのトータルセキュリティソリューションを、デモンストレーションを交えて紹介。
 URL: http://www.symantec.co.jp

◇テクマトリックス株式会社
 出展ブース:No.5340
 内容:米国Aventail社製の統合型SSL VPNアプライアンス「Aventail EX-
1500」を出展。VPNクライアントレスで場所を問わないシームレスなアプリケーションアクセスを提供するSSL VPNの技術を体験できる。
 URL: http://www.techmatrix.co.jp/aventail/news/event.htm

◇横河電機株式会社
 出展ブース:No.5251
 内容:IDS専用機「ISシリーズ」、VPN/ファイアウォール「IWシリーズ」を展示し、国内メーカーならではのサポートサービスを紹介。日本語脆弱性情報サービス「SIOSデータベース」、強力なSSL-VPNを搭載した「SecureTicket」もあわせて展示。
 URL: http://www.yokogawa.co.jp/itbiz/event/netcom2004/

◇アルプス システム インテグレーション株式会社
 出展ブース:No.4630
 内容:2003年12月に発売したWebコンテンツ変換システム「Web Chameleon Ver.2.0」を出展。
 URL: http://www.alsi.co.jp/

◇クリアスウィフト株式会社
 出展ブース:No.6720
 内容:電子メールコンテンツセキュリティソフト「CS MAILsweeper」を中心に、情報漏えい対策やスパム対策など、ニーズごとのソリューションを紹介。
 URL: http://www.clearswift.co.jp/news/seminar_040204.html

◇シーティーシー・エスピー株式会社
 出展ブース:No.6221
 内容:アプリケーションサーバソフトウェア「MetaFrame for Solaris」とディザスタリカバリ・ソリューション「Double-Take」との連携を紹介。
 URL: http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/

◇株式会社エアー
 専門セミナー:メール・アーカイビング
 内容:「増大するメールデータの保存方法と法規制の動向」をテーマに、イキソスソフトウェア社、日本リバテック社とのパネルディスカッションを展開。
 URL: http://www.air.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×