エクスジェン・ネットワークスと協業(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

エクスジェン・ネットワークスと協業(エントラストジャパン)

 エントラストジャパン株式会社は1月15日、国産のアイデンティティ管理ベンダであるエクスジェン・ネットワークス株式会社のユーザ情報統合管理製品「EXGEN LDAP Manager 3.1」が、エントラストのシングルサインオン製品 「Entrust GetAccess」に対応したと発表した。今

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 エントラストジャパン株式会社は1月15日、国産のアイデンティティ管理ベンダであるエクスジェン・ネットワークス株式会社のユーザ情報統合管理製品「EXGEN LDAP Manager 3.1」が、エントラストのシングルサインオン製品
「Entrust GetAccess」に対応したと発表した。今回、「Entrust GetAccess」上のユーザID情報を、他社のLDAPサーバ製品上のユーザID情報と統合管理できるよう「EXGEN LDAP Manager」に「Entrust GetAccess」用の連携機能を搭載した。これにより、システム管理者は LDAPディレクトリサーバ上で管理される様々なアプリケーションのユーザID情報について、CSVファイルによる一括メンテナンスが可能となる。また、エクスジェン・ネットワークスはエントラストが実施する「アライアンスパートナープログラム」に参加し、共同で販売促進活動を行っていく。

http://www.entrust.co.jp/news/040115.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×