2003年度・12月度のウイルス・不正アクセス届出状況を発表(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

2003年度・12月度のウイルス・不正アクセス届出状況を発表(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月8日、2003年の年間および12月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。
 2003年のウイルス届出件数は17,425件で、2002年20,352件から約15%減少した。ランキングは1位が「W32/Klez」、2位が「W32/Sobig」、3位が「W32/Swen」。12月の届出は1位の「W32/Swen」が352件と3ヶ月連続でワースト1となった。続く2位は「W32/Klez」290件、3位は「W32/Mimail」210件。全体の届出は1,452件と11月の1,786件から約2割減少した。
 不正アクセスの2003年の届出件数は407件で、2002年の619件から約34%減少した。2003年は、8月に発生したW32/MSBlasterやW32/Welchiaによるアクセスと思われるワーム形跡の届出が若干増加したとのこと。また、spamメールに係る届出件数も増加したという。12月の届出は29件と、11月の23件よりも若干増加した。実害があったのは11件で、その内訳は侵入5件、メール不正中継1件、メールアドレス詐称2件、spamメール被害1件、その他(ブラウザクラッシャ、ID不正利用)2件。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2004/01outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×