不正侵入検知サービスを「ODN-Biz」ユーザへ提供開始(日本テレコム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

不正侵入検知サービスを「ODN-Biz」ユーザへ提供開始(日本テレコム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本テレコム株式会社は、従来データセンター利用者向けに提供している「不正侵入検知(IDS)サービス」を拡大し、法人向けインターネット接続サービス「ODN-Biz」ユーザへの提供を新たに開始した。同サービスは、「ODN-Biz」ユーザの社内LANへの外部ネットワークからの不正アクセスを24時間365日監視し、侵入リスクの通知、不正パケットの遮断、IDSセンサーのパターンファイルの更新などを行うもの。ISS社の最新アプライアンス「Proventia」を導入し、専門技術者が24時間365日監視する高度な「Type A」と、同じくISS社の「RealSecure Lite」を利用する簡易導入レベルの「Type B」の2種類を提供。価格は、Type Aが初期費用30万円、月額37万2千円(1年契約)〜。Type Bが初期費用4万円(ユーザ設置)、月額10万3千円(1年契約)〜。

http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/2004/jan/nr040113/nr_fs.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×