データベースシステム「Symfoware」が、EAL4のセキュリティ認証を取得(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

データベースシステム「Symfoware」が、EAL4のセキュリティ認証を取得(富士通)

 富士通株式会社は1月9日、同社のデータベースシステム「Symfoware」が、セキュリティ評価となるEAL4の認証を「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)」より取得したと発表した。EAL(Evaluation Assurance Level)とは、製品の開発過程から機能にいたるまで、セキ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士通株式会社は1月9日、同社のデータベースシステム「Symfoware」が、セキュリティ評価となるEAL4の認証を「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)」より取得したと発表した。EAL(Evaluation Assurance Level)とは、製品の開発過程から機能にいたるまで、セキュリティの観点において7段階でレベルを付けたもの。EAL4は、商用目的として最高のレベルで、今回の取得は日本初とのこと。

http://software.fujitsu.com/jp/symfoware/news/iso15408.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×