データベースシステム「Symfoware」が、EAL4のセキュリティ認証を取得(富士通) | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

データベースシステム「Symfoware」が、EAL4のセキュリティ認証を取得(富士通)

 富士通株式会社は1月9日、同社のデータベースシステム「Symfoware」が、セキュリティ評価となるEAL4の認証を「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)」より取得したと発表した。EAL(Evaluation Assurance Level)とは、製品の開発過程から機能にいたるまで、セキ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 富士通株式会社は1月9日、同社のデータベースシステム「Symfoware」が、セキュリティ評価となるEAL4の認証を「独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)」より取得したと発表した。EAL(Evaluation Assurance Level)とは、製品の開発過程から機能にいたるまで、セキュリティの観点において7段階でレベルを付けたもの。EAL4は、商用目的として最高のレベルで、今回の取得は日本初とのこと。

http://software.fujitsu.com/jp/symfoware/news/iso15408.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×