IEの脆弱性からユーザを保護(米ブルーコートシステムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

IEの脆弱性からユーザを保護(米ブルーコートシステムズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米ブルーコートシステムズは12月18日、Blue Coatのセキュア・プロキシ・アプライアンスが、最近発見されたInternet Explorer 6の脆弱性からユーザを保護することができると発表した。この脆弱性によって、悪意の第三者が任意のドメインを入れて、アドレス・バーとステータス・バーに偽のURLを表示することが可能というもの。これにより、クレジットカード番号などの機密情報を悪意ある人物に開示してしまう可能性がある。Blue Coatのセキュア・プロキシ・アプライアンスは、ネットワーク上とインターネット上のユーザにセキュア・レイヤを提供するよう設計されているため、外部へのコミュニケーションを企業内のユーザに代わって処理し、また、企業内のユーザからインターネットへのアクセスを処理することが可能とのこと。詳しくはBlue Coat社のWebサイトに公開されている。

http://www.bluecoat.co.jp/news/releases/2003/121803_advisory.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×