仮想Etherネットワーク構築・通信ソフトウェア「SoftEther」のダウンロード提供を再開(登 大遊) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

仮想Etherネットワーク構築・通信ソフトウェア「SoftEther」のダウンロード提供を再開(登 大遊)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 筑波大学の登 大遊氏は、IPA(情報処理振興事業協会)と協議の結果、同氏が開発した仮想Etherネットワーク構築・通信ソフトウェア「SoftEther」のダウンロード提供を再開した。同ソフトは、Ethernetをソフトウェア的にエミュレートすることにより、柔軟な仮想ネットワーク(VPN)を構築可能な画期的なソフトで、IPAが主催する平成15年度未踏ソフトウェア創造事業 未踏ユース部門に採択された開発プロジェクトである、「イーサネットのソフトウェア実装とトンネリングシステムの開発」の開発途中成果として発表されたもの。ベータ版ソフトウェアのダウンロード提供を2003年12月17日より開始したが、使用法を誤ると重大な問題を生じることから、IPAより配布を一時停止するよう強い要請があり一時中断していた。再開にあたっては、新たに「SoftEtherをご利用いただく前に」というガイドラインページを設け、その内容に同意した場合だけダウンロードが可能となっている。利用できる最新版はVersion 0.40 Beta 2。

http://www.softether.com/jp/news/031227.aspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×