2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポートを発表(米ISS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポートを発表(米ISS)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米Internet Security Systems社は2003年11月18日、2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポート(IRIS)を発表した。IRISレポートは、業界最大数の監視対象セキュリティ・デバイスや検出された実際の攻撃、調査済みの脆弱点などの要素に基づいてサイバー攻撃の傾向を紹介するもの。レポートによると、セキュリティ・インシデントの数が2003年第2四半期と比べ15%増加したことが明らかになった。また、このレポート期間においてISSのX-Forceセキュリティ情報組織は、前四半期よりも2件少ない72件の新たな脆弱点と、前四半期よりも26%多い823件の新たなワームおよびウイルスを記録したとしている。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press03/IRIS_121803.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×