2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポートを発表(米ISS) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポートを発表(米ISS)

 米Internet Security Systems社は2003年11月18日、2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポート(IRIS)を発表した。IRISレポートは、業界最大数の監視対象セキュリティ・デバイスや検出された実際の攻撃、調査済みの脆弱点などの要素に基づいてサイバー攻撃の傾向を

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Internet Security Systems社は2003年11月18日、2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポート(IRIS)を発表した。IRISレポートは、業界最大数の監視対象セキュリティ・デバイスや検出された実際の攻撃、調査済みの脆弱点などの要素に基づいてサイバー攻撃の傾向を紹介するもの。レポートによると、セキュリティ・インシデントの数が2003年第2四半期と比べ15%増加したことが明らかになった。また、このレポート期間においてISSのX-Forceセキュリティ情報組織は、前四半期よりも2件少ない72件の新たな脆弱点と、前四半期よりも26%多い823件の新たなワームおよびウイルスを記録したとしている。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press03/IRIS_121803.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×