2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポートを発表(米ISS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポートを発表(米ISS)

 米Internet Security Systems社は2003年11月18日、2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポート(IRIS)を発表した。IRISレポートは、業界最大数の監視対象セキュリティ・デバイスや検出された実際の攻撃、調査済みの脆弱点などの要素に基づいてサイバー攻撃の傾向を

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米Internet Security Systems社は2003年11月18日、2003年第3四半期のRisk Impact Summaryレポート(IRIS)を発表した。IRISレポートは、業界最大数の監視対象セキュリティ・デバイスや検出された実際の攻撃、調査済みの脆弱点などの要素に基づいてサイバー攻撃の傾向を紹介するもの。レポートによると、セキュリティ・インシデントの数が2003年第2四半期と比べ15%増加したことが明らかになった。また、このレポート期間においてISSのX-Forceセキュリティ情報組織は、前四半期よりも2件少ない72件の新たな脆弱点と、前四半期よりも26%多い823件の新たなワームおよびウイルスを記録したとしている。

http://www.isskk.co.jp/company/press_office/press03/IRIS_121803.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×