相互接続が可能な認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発(NTTコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

相互接続が可能な認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発(NTTコミュニケーションズ)

 NTTコミュニケーションズは12月11日、ポータルサイトなどのインターネット上のサービス事業者が持つ認証機能を相互に接続し、利用者の利便性と安全性を高める認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発したと発表した。同認証システムは、同一のID、パスワードな

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 NTTコミュニケーションズは12月11日、ポータルサイトなどのインターネット上のサービス事業者が持つ認証機能を相互に接続し、利用者の利便性と安全性を高める認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発したと発表した。同認証システムは、同一のID、パスワードなどで複数の異なるオンラインサービスを利用できるシングルサインオンを実現するもので、Liberty Allianceが2003年1月に発表したフェーズ1の方式「Liberty Alliance 1.1」に基づいたもの。同方式を個人向けサービスに実装するのは、これが世界初となる。同社は、今後もLiberty Allianceと連携し、安全で使いやすくオープンな認証システムの開発を進めていくとしている。

http://www.ntt.com/release/2003NEWS/0012/1211_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×