相互接続が可能な認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発(NTTコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

相互接続が可能な認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発(NTTコミュニケーションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 NTTコミュニケーションズは12月11日、ポータルサイトなどのインターネット上のサービス事業者が持つ認証機能を相互に接続し、利用者の利便性と安全性を高める認証システム「統合認証プラットフォーム」を開発したと発表した。同認証システムは、同一のID、パスワードなどで複数の異なるオンラインサービスを利用できるシングルサインオンを実現するもので、Liberty Allianceが2003年1月に発表したフェーズ1の方式「Liberty Alliance 1.1」に基づいたもの。同方式を個人向けサービスに実装するのは、これが世界初となる。同社は、今後もLiberty Allianceと連携し、安全で使いやすくオープンな認証システムの開発を進めていくとしている。

http://www.ntt.com/release/2003NEWS/0012/1211_2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×