行政情報セキュリティフォーラム TOKYO・OSAKA 2003」で講演(京セラコミュニケーションシステム) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

行政情報セキュリティフォーラム TOKYO・OSAKA 2003」で講演(京セラコミュニケーションシステム)

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、12月3日〜4日に大阪にて開催された「行政情報セキュリティフォーラム TOKYO・OSAKA 2003」に出展、講演を行った。同イベントは、行政・自治体のためのセキュリティシステムを提案し、安全な情報社会を目的として

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、12月3日〜4日に大阪にて開催された「行政情報セキュリティフォーラム TOKYO・OSAKA 2003」に出展、講演を行った。同イベントは、行政・自治体のためのセキュリティシステムを提案し、安全な情報社会を目的として、「e‐Japanと社会を支える情報セキュリティ」をテーマに開催されたもの。
 同イベントにおいてKCCSは、VA(脆弱性診断)とIDS(侵入検知システム)を連携したセキュリティリスク管理システム「nCircle IP360」を出展するとともに、出展者プレゼンテーションセミナーにて講演した。このセミナーでは、KCCS セキュリティシステム事業部 技術担当部長 郷間 佳市郎氏が「不正侵入検知ではネットワークセキュリティは守れない」をテーマに、マネジメントクラス層から一般社員までがセキュリティ問題を共有するための手段として「nCircle IP360」の数値化機能についての解説が行われたとのこと。さらに、次世代型VA(脆弱性診断)について、事前予防やシステム全体の堅牢化が実現するというメリットを紹介するとともに、セキュリティレベルの定量的管理や時系列管理が可能な「nCircle IP360」のパフォーマンス性についてデモンストレーションを交えての解説を行った。
 東京で行われた同イベントでは、「不正侵入検知ではネットワークセキュリティは守れない」をテーマに講演を行っている。

http://www.kccs.co.jp/news/topics/0312112.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×