情報漏えいを防ぐ「LeakBLOCK」のサービス提供を開始(日本マルチネット、イージーシステムズジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

情報漏えいを防ぐ「LeakBLOCK」のサービス提供を開始(日本マルチネット、イージーシステムズジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社日本マルチネットとイージーシステムズジャパン株式会社は12月9日、情報セキュリティ分野でパートナー契約を結び、情報漏えいを防ぐDRM・情報セキュリティシステムのASPサービス「LeakBLOCK」の提供を2004年1月15日から開始すると発表した。「LeakBLOCK」は、イージーシステムズジャパンの自社開発製品「ezFile Security」を、日本マルチネットのASP企画に基づき製品化した新型のセキュリティサービス。「ezFile Security」は企業内で利用・作成されるデジタルファイルに対し、各種利用制限(印刷・保存禁止など)の設定や暗号化などを可能とする情報漏えい防止ソフトウェア。今回のパートナー契約は、セキュリティ関連サービスの拡充を目指す日本マルチネットと、自社開発のDRM・情報セキュリティシステムの拡販を図るイージーシステムズジャパンの事業戦略の合致によるもの。同社は、初年度で10万ユーザの登録を見込んでいる。

http://www.easy.co.jp/press/release20031209.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×