電子文書の長期保管ソリューションを発売(日本電気) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

電子文書の長期保管ソリューションを発売(日本電気)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本電気株式会社(NEC)は、長期保管する必要のある技術文書を、紙やマイクロフィルムではなく、電子署名と時刻証明情報(タイムスタンプ)を組み合わせた電子文書として長期保管するソリューションを開発、販売を開始する。本製品は、改ざんの検出が可能な電子署名と、その時点で存在したことを証明できる第三者のタイムスタンプの両方を電子文書に付与することで、文書原本の確実な長期保管を実現したもの。保管文書の暗号化やアクセス履歴等の管理機能もあり、保管だけでなくデータの盗難・漏洩を防止することも可能となっている。文書形式にはPDFを採用。同社PDM製品や文書管理製品との連携が可能。価格は2000万円〜。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0312/0304.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×