2003年11月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

2003年11月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は、2003年11月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。1位は、届出の65.3%を占めた「Lovsanワーム」が、2位は「Swen@MM」(12.7%)がランクイン。また、3位は前月トップの「Nachiワーム」(8.0%)となっている。同社では、OSの脆弱点を狙うウイルスであるLovsanとNachが全体の7割強を占めていることから、このタイプのウイルスの蔓延が続いていると見ており、パーソナルファイアウォールの使用やマイクロソフト社のパッチ適用を呼びかけている。

http://www.nai.com/japan/about/prelease/pr_03B.asp?pr=03/12/04
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×