電子申請向けウイルス対策パッケージを発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

電子申請向けウイルス対策パッケージを発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は12月9日、官公庁、自治体に広がっている電子申請サービス向けのウィルス対策パッケージを発表した。このパッケージは、企業向けのアンチウイルスソリューション「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」でサポートされているHTTP(P

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は12月9日、官公庁、自治体に広がっている電子申請サービス向けのウィルス対策パッケージを発表した。このパッケージは、企業向けのアンチウイルスソリューション「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」でサポートされているHTTP(POST)のリアルタイム・ウイルスチェック機能を使用していることが特徴。電子申請サービスに用途を限定しており、120Mbpsの高速ウイルススキャン、ウイルス定義ファイルの自動更新などの機能を搭載し、電子申請Webサーバ側でウイルス対策を行うことで、内部感染を防ぐだけでなく外部へのウイルス流出を未然に防ぐことを可能としている。同パッケージのライセンス価格は、1サーバ100万円(追加サーバ50万円)。

http://www.f-secure.co.jp/news/200312091/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×