Webサーバ専用の侵入検知・防御ソフト「NGSecureWeb」を発売(キヤノンシステムソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

Webサーバ専用の侵入検知・防御ソフト「NGSecureWeb」を発売(キヤノンシステムソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は11月27日、Webサーバの脆弱性を保護するソフト「NGSecureWeb(エヌジーセキュアウェブ) for Linux」を、2004年1月上旬より販売開始すると発表した。同製品は、ファイアウォール技術とIDS(侵入検知システム)を統合したWebサーバ専用のアプリケーションファイアウォール。Linuxマシン上のApache Webサーバで動作し、HTTP/HTTPSリクエストのフィルタリングを行い、攻撃または攻撃の可能性が発見された場合、Webサーバでの実行を拒否することで不正侵入や改竄などからサーバを保護する。また、同製品はWebサーバ対するIPS(侵入検知防御システム)としての機能も搭載しており、CodeRedやSlapperワームなども使用するシェルコードを含むHTTPリクエスト内のNOPセクションを解析することが可能。同製品の価格は標準価格350,000円〜。

http://canon-sol.jp/press/a311_ng.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×