3次元CADデータを制御するXVLコンテンツ保護ソリューションを発売(野村総合研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

3次元CADデータを制御するXVLコンテンツ保護ソリューションを発売(野村総合研究所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社野村総合研究所は12月1日、ラティス・テクノロジー株式会社製の3Dフォーマット「XVL」に対応したコンテンツ保護ソリューション「Webブラウザプロテクター」を2003年12月上旬より販売開始すると発表した。同製品は、主に製造業で使用されているラティス社製「XVL」情報を安全に関係者へ公開して、情報の流出を防ぎ、高度なセキュリティ環境を実現するツール。具体的にはWebブラウザを通じて参照する「XVL」に対して、画面キャプチャ、ファイル保存、印刷抑止という制御を設定できる。新製品の価格は1CPUあたり500万円から。同社は、姉妹製品であるWebコンテンツプロテクターと合わせて今後1年間で約5億円の売上を予定しているとのこと。

http://www.nri.co.jp/news/2003/031201_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×