秘密分散法の応用を利用した認証スキーム「TAS」を製品化(シーフォーテクノロジー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

秘密分散法の応用を利用した認証スキーム「TAS」を製品化(シーフォーテクノロジー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社シーフォーテクノロジーは、東京大学との共同研究の成果である「秘密分散法の応用」を利用した認証スキーム「TAS(Threshold Authentication Scheme:タス)」を製品化し、12月より発売を開始する。秘密分散法とは、或る情報を意味の無い複数の情報に分散化することにより、元情報の安全性を確保する技法のこと。今回のTASは、1985年に東京大学の山本教授が発表した「(k,L,n)閾値分散法」を利用したもので、分散化した各情報のサイズを小さくできるという特性があるため採用された。主な利用方法としては、暗号鍵やパスワードなどの送信時はもちろん、分散化した情報を主催者側と来場者側でそれぞれ所有できるため、電子チケットなどへの応用が考えられている。

http://c4t.jp/corporate/news/press/2003/press_20031125.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×