バガボンドが社名変更 50%〜90%OFFキャンペーンを実施 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

バガボンドが社名変更 50%〜90%OFFキャンペーンを実施

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本最大級のセキュリティ情報サービス「Scan Security Wire」を配信している株式会社バガボンドは、11月20日より「ネットアンドセキュリティ総研株式会社」(略称:NS総研)に社名を変更することを発表した。
 同社は、セキュリティ情報サービスとネットビジネスに関するレポートを中核としたコンテンツ事業を行っている。今回、事業内容を想起しやすい社名に変更し、今後はさらなる事業の集中、特化を進めていく。

 現在、わが国の国内で提供されているセキュリティ情報サービスの多くは、海外のセキュリティ情報をベースにしている。そのため、日本独自の内容にとぼしい面が少なからず指摘されている。
 同社のセキュリティ情報サービスは、世界的なセキュリティ情報共有サービス BUGTRAQ などにも掲載されるなど、独自の分析を含む貴重なものとなっている。また、イスラエル、アメリカ、イギリスの有力セキュリティ情報機関とも提携するなど世界的なネットワークを構築している。

 同社では、社名変更と同時に、個人ならびに法人顧客向けのキャンペーンを実施する。第1弾(11月26日より実施)は、個人、法人向けの情報サービス料金を3ヶ月間半額にするというもの。この価格は同社のセキュリティ情報サービスすべてに適用される。

 同社のサービスには下記の4種類がある。
 ・セキュリティ製品や全般動向のマガジン「Scan Security Wire」
 ・ISMSやセキュリティの制度、法律に特化したマガジン「Scan Security Management」
 ・セキュリティホール情報、インシデント情報に特化し、海外のセキュリティ情報機関とも提携している「Scan Daily EXpress」
 ・セキュリティホール、Exploitコードなど技術情報に特化した「Scan Tech Report」

 第2弾(12月1日より実施)は、個人向けに限定し、Scan Daily EXpress という同社の情報サービス(通常160,000円/1年)を9,800円/1年で提供するもの。セキュリティホール情報、インシデント情報に特化し、海外のセキュリティ情報機関とも提携している「Scan Daily EXpress」は、国内外の同種のサービスが年間100万円以上かかるところを約100分の1の低価格で提供している。 同社は個人レベル、SOHOレベルでもセキュリティ情報は不可欠との認識にたって今回のキャンペーンを企画した。

 同社はこれらのキャンペーンにより、セキュリティ情報の普及、啓蒙を進めるとともに、新社名の認知を向上させることをねらっている。


キャンペーン詳細
http://vagabond.co.jp/c2/shop/index.html
リリース
http://vagabond.co.jp/top/pressr/press/200311261.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×