複数のDebianProjectマシンがセキュリティ侵害を受ける | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

複数のDebianProjectマシンがセキュリティ侵害を受ける

製品・サービス・業界動向 業界動向

──────────────────────────────〔Info〕─
   ┏━━━━ Scan Security Wire ♪定期購読者キャンペーン♪━━━
 ┌─╂───
━┿━┛  今、新規購読すると(( 最初の3ヶ月 50% off!! ))
─┘                   ≫≫ 初回購読月は無料!≪≪
詳細→ http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
───────────────────────────────────


 Debian Projectは11月21日、同Projectが保有する複数のDebianサーバーが過去24時間以内にセキュリティ侵害されていたことを発表した。影響を受けたのはmaster(バグ追跡システム)、murphy(メーリングリスト)、gluck(Web、CVS)、klecker(security、non-US、Web検索、WWW マスター)の各マシンで、このうちいくつかはサービスを停止している。同Projectでは、信頼性のおけるソースと照合した上で再び利用可能とする予定であり、また、今回のセキュリティ侵害によってアーカイブは影響を受けていないとしている。


Debian Project:[debian-announce:00040] 複数の DebianProjectマシンへのセキュリティ侵害 (compromise)について
http://lists.debian.or.jp/debian-announce/200311/msg00000.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×