ファイアウォール/VPN機能を搭載した「TZ170」シリーズを発売(米SonicWALL) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

ファイアウォール/VPN機能を搭載した「TZ170」シリーズを発売(米SonicWALL)

 米SonicWALL社は、ファイアウォール/VPN機能を搭載したトータルセキュリティプラットフォームの新製品、「TZ170」シリーズを発表した。同シリーズは、同社が注力する「トータルセキュリティプラットフォーム」戦略を具体化する製品の第二弾。システムオンチップ(SoC)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米SonicWALL社は、ファイアウォール/VPN機能を搭載したトータルセキュリティプラットフォームの新製品、「TZ170」シリーズを発表した。同シリーズは、同社が注力する「トータルセキュリティプラットフォーム」戦略を具体化する製品の第二弾。システムオンチップ(SoC)技術を駆使した高集積プロセッサと大容量メモリの搭載で、将来を見据えた多様なアプリケーションへの対応が可能となり、かつ、ファイアウォールの高速処理およびAESと3DESのハードウェアによる高速な暗号化処理を実現。また、薄型筐体に7つのイーサネットインタフェース(WAN×1、AUTO-MDIX機能付きLANスイッチポート×5、オプションポート×1)で柔軟なネットワーク構成が可能となっている。OSは、ウィザードによるシンプルな設定と日本語GUIでの管理が特長の新OS「SonicOS Standard」を標準搭載。加えて、詳細な設定や高度な機能が必要な場合には「SonicOS Enhanced」もオプションとして用意されている。国内出荷は11月下旬。価格はタイプ別で、10ノードが98,000円、25ノードが198,000円、無制限が320,000円。

http://www.sonicwall.com/japan/corporate_info/press-TZ170.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×